フォト日記
 
 
 
 
 
 
 
2月19日

昨日は朝からお天気がよく
久々に山々が見えました
このところずっと雪や曇りの日が続いていましたので
本当に久しぶり!という感じ…
晴れの日はいつも書くことですが
太陽の熱が窓から入ってきて暖かくて嬉しいです
太陽の光よりはもう「熱!!」という感じで
そして3月も近くなるとどんどんと力も強くなるので
本当に頼もしい限りです

1月末に夫が検査入院をしていました
検査の結果が出るのに1週間ほどかかりました
待っている時間って落ち着かないものですね
そわそわふわふわしながら1週間を過ごし
2人で結果を聞きに行きました
結果は心配していたようなことはなく
本当に本当にほっとしました
検査が必要ですよと言われてから
いろんなことを考えた1ヵ月あまり…
平凡な日常だけど
そして私達もどんどん歳をとって少しづつ変わっていくけれど
何の変哲のない日々が一番のこと!と
しみじみと思ったことでした

写真4枚目までは昨日の夕方のもの
くっきりと見える山と木々が雪面に落とす影
傾き始めた日の光が雪面に陰影を与える時間
3枚目の写真 右手に短い虹のようなものが見えます
日没に向かうにつれてどんどんと気温が下がり
虹のようなものが見えたのだと思います
太陽を挟んで反対側にも出ることがありますが
昨日は片側にしか見えませんでした
最後のキツネの写真はちょっと前のもの
窓からのろのろと歩くキツネが見えました
いつもはもっと早く歩くのに…と見ていると
深雪に足を取られてゆっくりにしか歩けない様子…
雪の多いこの冬です

節子