フォト日記
 
 
 
 
 
 
10月15日

先日大きな虹に遭遇しました
宿がお休みの日で かねてから予約していた歯医者さんへ…
歯医者さんが終わって外に出ると大きな虹が出ていました
その日は運のいいことにカメラをもっていたので
見晴らしのいいところに出て 無事カメラに収めることができました
色づいた木々と畑までもが虹色に染まっているのは
やはり起伏の多い美瑛ならでの虹の風景でしょうか
そして2本の虹が立つことがよくありますが
昨日宿泊のお客様から
「2本の虹の色は左右対称になるんだよ」と教えてもらい
写真を見てみましたら本当に色が逆の順番になっていました(写真2枚目)
いつも見ていながら気が付きませんでした
2本の虹はどんな現象なんでしょうね
3枚目はマイルドセブンの丘の夕景
4枚目は美馬牛峠からすっかり白くなった十勝岳連峰と
畑に立ち並ぶ玉ねぎのコンテナです

虹は昔から「夢の架け橋」というイメージで言われてきました
来週の日曜日は総選挙の投票日ですが
私たちのいろんな願いが叶う結果となるでしょうか
私の願い・夢は時々このフォト日記にも書いたりしてきましたが
「戦争のない国」「戦争を起こさない国」です
私は昭和29年生まれなので戦争は知りませんが
でも戦後まだ9年しか経っていないときですから
戦争の悲惨な出来事はまだ身近に漂っていました
「戦争は嫌だ!」と子ども心に強く思いました
なので「憲法9条」はずっと私の心の拠り所となっていました
この選挙で9条を変えたいと思う人たちが多数を占めてしまったら…と思うと
いてもたってもいられません
もちろん自分の国だけで平和を守れないのはわかっています
でも私達は知恵のある人間ですから
武力に頼らない解決の方法があるはずです
「憲法が現状にあっていない」と言うよりも
「憲法の理想を実現する努力」をもっとするべきではないでしょうか
孫たちのあどけない笑顔を見るにつけ 
戦争へと加速していく今の政治の流れは不安でいっぱいになります
「戦争のない国・戦争のない世界を孫たちに残したい」というのが
私の一番の願いです
あるニュース番組に出られていた方が言っていましたが
選挙スローガンの耳に心地よい言葉ではなく
その政治家 その政党が過去にどんな発言をしていたか
どんな行動をしたかを見るということが大切なことかなと思います
しっかりと見極めて私の1票を投じたいと思います

節子